日常ちゃめしごと

おいしいもの,きれいなもの,おもしろいコトなど ご紹介。※宣伝目的のコメント・TBは見つけ次第削除いたします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ヨーロッパ旅行9日目でフランス3日目。


ヴェルサイユ行ったよ☆






さて、この日はヴェルサイユ宮殿に行く半日のツアーに申し込んでおりました。
集合時間は8:20なので、ホテルで朝ごはんをいただきました。
安いホテルなので、そんなに品数はありませんが、私には充分。
焼きたてクロワッサン、ウマー☆
チェックアウトして、フロントで荷物を預かってもらい、出発。


集合場所のパレ・ロワイヤルまで地下鉄で移動。
ルーブル美術館のお隣なので、早めに移動して、ルーブルへ。


DSC006321.jpg


8時過ぎですが、夜 明 け 前 。
暗いよー(T_T)
しかも、この日は休館日でした☆


無事バスに乗せてもらって、ベルサイユ宮殿へ。
途中、高速道路で渋滞に巻き込まれるも、1時間ちょっとで到着。


DSC006451.jpg


正面の門。
きんきらきんです。


DSC006481.jpg


前庭。
立ち入り禁止なので、柵の隙間から。


DSC007441.jpg


向かって右の建物のアップ。
礼拝堂の建物なので、十字架があります。


このあと、入場です。
平日なので特に行列はありませんでした。
日本語のガイドが入ったプレーヤーを借りて、GO!


DSC006491.jpg



DSC006731.jpg


入り口すぐの王室礼拝堂。
マリー・アントワネットの結婚式やったらしいです。


DSC006541.jpg


ヴェルサイユ宮殿の図。
宮殿内部は撮影OK,油絵たくさんです。


DSC006871.jpg


マリーアントワネットの寝室。
赤い壁ってどうなん?


DSC007261.jpg


戦争の間。
各年代の戦争の絵がぎっしり。
ヴェルサイユ宮殿は美術館としての意味合いが強くて、
どの部屋も油絵てんこもり。
正直、おなかいっぱ・・・げふんげふん。


DSC007321.jpg


回廊。
偶然に人がとぎれたので一枚。


庭も見たかったのですが、雨がぱらぱらと・・・
集合場所に向かい、次はバスにてヴェルサイユの朝市見学へ。
(ツアーに含まれてました)


DSC007481.jpg


にぎわってます☆
フォアグラ買ったりしてる人もいましたが、あまり得意ではないのでパス。
家用にシナモン買いました。
パリに戻ってから観光する気満々なので、ついでに腹ごしらえ。
手羽元のローストチキンを2ピース、ジャガイモとベーコンのトマト炒めを買い食い☆
ホントはオリーブ漬けも欲しかったんだけど、100gでも多いので我慢。
お料理類はパックに入れてくれますが、フォークなどはもらえないので、
 マ イ つ ま よ う  じ 登 場 !!
(乳歯が残っていて歯並びが悪いので、持ち歩いています)
ガイドさんに「準備がイイ(・∀・)!!」と褒められました(照
で、デザートに「クレモンティーヌ」という ぽんかん を購入。
小さいオレンジ、とガイドさんからは聞いていましたが、
たぶん、日本のぽんかんと同じものかと。
自分で袋に入れたら、お店の人が計量してくれるので、
甘そうなところを吟味!
少し多め(7個だったかな?)に買って、その場で2個食べて、残りはお持ち帰り。
旅行中はビタミンが足りないなーと思っていたので、大変助かりました!


で、バスにてパリ市内へ。


DSC007491.jpg


戻る途中のバスの車窓から、2重の虹が見えました!


DSC007511.jpg



それから、パリ市内で見た時計のオブジェ。
正しい時間はどれかわかりません。


解散後、地下鉄でポン・マリー駅に移動して、サン・ルイ島を通り抜けシテ島へ。
パリの街の雰囲気を味わいます。じゅる ←ヲイ


DSC007541.jpg


2つの島をつなぐサン・ルイ橋の上にはクリスマスツリーがスタンバイ☆


DSC007551.jpg


橋を渡ったら、ノートルダム大聖堂の 裏 です。


DSC007601.jpg


南側。


DSC007641.jpg



DSC007671.jpg



正面。
高さがあるので、てっぺんまで入れるのに一苦労。
正面入り口の向かい側に観客席がありましたが、何だったんだろう??


DSC007691.jpg


入り口上の彫刻。
こんな彫刻がびっしり施してあります。
ここをくぐって中へ。中も撮影OKです。(ストロボはNG)


DSC008261.jpg


演台の正面から。
クリスマスの飾り付けがカワイイです。
で、この大聖堂、とにかくステンドグラスが美しい!!


DSC007771.jpg



DSC007941.jpg



DSC008081.jpg



大聖堂の内周に沿って、各聖人の像や聖書をモチーフにした人形などがあります。
暗くて撮影はしにくいです。
一回りして表へ。


DSC008271.jpg


出口上の彫刻。
自分の頭持ってる人、人踏んづけてますよっっ!!
なんかコワイ・・・


DSC008311.jpg


ノートルダム大聖堂の正面には市立病院。
Hotel って書いてあるけど、病院ですって。


DSC008331.jpg


地下鉄の駅に行く途中、最高裁判所の正面が見えてました。
裁判所の右側には、マリーアントワネットが処刑まで監禁されていた独房があるそうですが、
残念ながら見学せずに移動。
地下鉄でシテ駅からアンヴェール駅まで移動して、
モンマルトルのサクレ・クレール寺院へ。


DSC008351.jpg


駅から坂を登っていくと見えてきます。
駅からの坂道には、洋服や雑貨を売る店やファーストフードっぽいレストランが並んでいますが、
パリの他の地域に比べて、アラブ系の方々の割合が高いような・・・
店先でたばこ吸ってたりして、若干危険なカホリ。
気にせずさくさく進みます。
この寺院は、イスラムの影響を受けた丸い屋根が特徴です。


DSC008381.jpg


寺院正面。
中の撮影はNGなので、写真はここまで。
ノートルダムよりは明るい室内で、やっぱりステンドグラスがすごいのです。


DSC008391.jpg


正面から入り口から見下ろすパリ市内。
暖かくなったら、おべんと持ってゆっくりするとイイかもです。
この日は多少のクリスマスの屋台が出ていました。


駆け足でパリ市内観光を満喫して、ホテルへ戻り、荷物をピックアップ。
地下鉄で北駅から東駅へ移動。
・・・地下鉄、階段しか無いよ・・・orz
重いトランク運んでいたら、股関節ねじりました。すっごい痛いです(泣


さて、東駅到着。


DSC008421.jpg


17:10発フランクフルト行きのICEに乗りますよ~
なお、Hbf は Hauptbahnhof の略。中央駅のことです。
20年前に習ったはずなのですが、まるっと忘れております。
(っていうか、覚える気ナッシングだった)


40分ほど時間があるので。
 ビ ー ル 呑 ん じ ゃ え ☆


DSC008441.jpg


スタンドのおっちゃんにサーバで銘柄を指さすも、
裏側からなので伝わらず・・・orz
「あ、あん、すぃす、すぃす、きゃとる・・・?」
と言っても伝わらず、結局後ろに並んでたおっちゃんが注文してくれました。
ありがとう、おっちゃん!


フランスビールはモンサンミシェルで呑んだのも今回のも
なかなかおいしかったです。
フランスワインだけじゃなくフランスビールも日本で買えるようにならないかな・・・
なお、フランス女子はあまりビールを呑まないらしく
(ワインしか呑まないのか?ビール差別か?)
女一人でビール頼むと、たいそう怪訝な顔されました。えへ。


大きな駅なので、かわいこちゃんがたくさんいます☆ぐへへ


DSC008451.jpg



DSC008431.jpg


新しい車両もかっこいいのですが、ちょっと古めの列車もなかなかラブリー。
今度は、国をまたぐような寝台列車の旅もしてみたいです。


DSC008511.jpg


今回乗ったICEさん。



DSC008491.jpg


車内はこんな感じ。
私はユーロスターやTGVより好きかも。
乗り心地なんかが新幹線に近いのかもしれません。
ただし、座席の向きは固定です。コンセントも使えました(1st class)。


DSC008471.jpg


出てきたごはん。
左上の料理は、食べてみたけど何かわかりませんでした。
でもおいしかったです。
コーヒー・紅茶用の砂糖とミルクはダルマイヤー社製。
高○屋でお歳暮のバイトしてたとき、
ダルマイヤーのハムが良く売れてましたよ・・・


DSC008481.jpg


行き先表示板。
鏡面に文字が出てきます。有機液晶かな?
他の国の列車では見かけませんでした。さすがドイツ。


なお、このICB、車内放送や座席にある案内は
フランス語とドイツ語のみです。orz
雑誌もあったけど、ドイツ語です。
通販雑誌もあったけど(ry
私の前の席には、でかいアルミの風船を持った
フランスディズニー帰りのカップルが座っており、
キャッキャウフフしてました・・・
車窓からは暗くて何も見えません。
Wifiも使えなかったので、たいそう暇でした。


そんなこんなで、3時間弱でフランクフルト中央駅に到着。


DSC008521.jpg


駅にいたドイツ国鉄(DB)の車両。
どっしり重量感。


フランクフルトのホテルは、駅から1分♪
パリで痛めた股関節が辛かったですが、
近くてホント良かったです。
あ、痛み止めの湿布(ボル○レンの貼り薬を日本から持参)を貼って寝たら
次の日には痛みが引いておりました。良かった。



さて、旅も終盤、ドイツ編です。





※おまけ。
サクレ・クレール寺院の前で、ご両親と遊んでいた子。
あまりにカワイイので、ご両親にお願いして写真撮らせてもらいました。

DSC008371.jpg


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://fumifumi.blog6.fc2.com/tb.php/1206-d44996a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。