日常ちゃめしごと

おいしいもの,きれいなもの,おもしろいコトなど ご紹介。※宣伝目的のコメント・TBは見つけ次第削除いたします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は風邪気味だったせいもあり,9月の分の代休をいただいた。
しかし,悲しいかな,身体が労働体質になっており,
昔のような長時間睡眠ができない。
14時間くらい寝たかったのに
朝10時になるとぱっちり目が覚めてしまった。orz


仕方がないので,掃除して,昼ご飯もまじめに作って,
夜ご飯の買い物に行って,落ち着いてから
ぶーちゃんが買ってきていたDVD「ダヴィンチ・コード」を見た。


んー,原作読んでないから,よくわからない。
結局何だったの?みたいな。
確かに本で読んだ方がおもしろそうなお話。
翻訳物の小説はテンポが悪くてあまり好きではないので,
読まないんだろうけどね(^-^;;




で今日。
夕ご飯の買い物は昨日済ませていたため,
そして,テレビもおもしろい番組が無く,結構時間にゆとりがあった。
なので,もう一枚保留していたDVD
「男たちの大和」を見た。


このあたりの話って,結末がわかっているから
(大和が撃沈されるとか,空襲があったとか,日本が負けるとか)
なんか辛くて見てられない。(まあ,最後まで見たんだけど)
でも,ツライと思うのと同時に,日本人である以上
忘れちゃダメな出来事なんだと思う。


戦争物の話が出たので,それに関して思ったことをつらつらと。


私が小学生の頃,何故か沖縄戦とか東京大空襲とか広島,長崎の原爆とか,
戦争物の小説や絵本がたくさん出版されていた。
もちろん,小学校の図書館にもたくさんあった。
たぶん,沖縄返還直後とか,戦後30年とか,その関係なんだろうけど。
で,悲しい話の好きな,変なコドモだった私は,
その関係の本をとにかく読みあさった。
そして,大人になって,日本全国に出張で出かける仕事に就いて,
ほぼすべての都道府県に足を踏み入れ,
悲劇の舞台であった街にも行く機会ができた。
東京や長崎は中学生頃に初めて訪れているのでさほどでもなかったけど,
広島と沖縄は特別に辛すぎる。その街にいるだけで涙が出そうになる。
だから,未だにリゾートで行く気にはなれない。
路面電車の窓の外に閃光が現れたり,
むき出しの岩肌に,今でも弾痕が見える気がするのだ。


そして,現在。
国のために犠牲になった人たちが今の日本を見たら,何を思うのだろう。
追いつめられ暴走を始めた隣の国では核兵器開発が進み,
誰かを守るためと信じて,片道分の燃料だけを積んで
出発していった若者達と同年代(よりも少し下かな)の学生達が,
「恨みます」の遺書を残して自ら命を絶つのだ。


なんてことを,ちょっとまじめに考えたりした。



P.S.
中村獅童,広島弁似合いすぎ。
「仁義なき~」の出演でも狙っているのか?w
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://fumifumi.blog6.fc2.com/tb.php/540-0c46fa66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。