日常ちゃめしごと

おいしいもの,きれいなもの,おもしろいコトなど ご紹介。※宣伝目的のコメント・TBは見つけ次第削除いたします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最愛のイタチ娘, くー との出逢いについて。




湿っぽいので読み飛ばしでいただいても可。




くー との出逢いは,2004年6月初旬(たぶん6日)某ペットショップ
お迎えは考えていなくて,冷やかしで見に行っただけだった。
偶然だっこさせてもらった仔フェレットが,私の指に吸い付いて離れなかった。
他の子は噛むというのにw
その,吸い付いて離れなかった子が くー 。
アメリカ・ペンシルバニア州のパスバレー・ファーム出身の女の子。
くー はあの時,ウチに来たいと主張してくれたのだと,
私達を選んでくれたのだと,今でも確信している。



その日はひとまず家に帰った。
「かわいかったねぇ」とか,
「あの子はどこかの家に買われてい行くんだろうねぇ」と話していたのだが,
翌2004/6/7(実はぶーちゃんの誕生日),
会社帰りにぶーちゃんのバースデー・ケーキを仕入れて家に帰ると,
くー がケージにちょこんといた。



次の日,私が仕事に行こうとしたら,「くー,くー」鳴いて寂しがってた。
鳴いたのはそのときだけだったけど,いつも会社に行くとき見送ってくれてた。
はじめは食べてたくせに,固形フードは口に合わないと,
ふやかしフードを乳鉢ですりつぶしたスープでないと一切食べなかった。
ぶーちゃん限定だけど口移しで水をせがんで,
そのくせ放牧中には私の膝に「ちょーだい」のポーズでおやつをせがんでくる,
そんな超が付くほど甘えんぼのフェレットとは,
たぶんこの先出会うことはないと思う。









寝息が聞こえるだけで,1人で家にいても安心できたのに,
20061104215327.jpg ←コレは天使の寝顔☆

PA0_0052.jpg ←コレは悪魔の寝顔w
ケージをかたづけたリビングは,なんだかとても寂しい。
くー はニンゲンではなくフェレットだったけれど,
私の初めてのほ乳類のペットだった以上に,
間違いなく私達の最愛の娘だったのだ。



ニンゲンより先に逝ってしまったペットは,虹の橋のたもと待っていてくれるという。
ドアを開けろと上目遣いに小首をかしげて私に訴えていた姿で,
「一緒に橋を渡ろう」と誘ってくれるに違いない。
スポンサーサイト

本当に悲しく残念ですv-406。私もイタチのくーちゃんに癒されていましたよ。きっときっと虹の橋のたもとでまっていますよ!!くーちゃんも幸せだったと思います。ふーも元気出してね。v-238

2009.03.01 19:08 URL | emi #- [ 編集 ]

まだ,思い出すと涙が出てきます・・・e-259

また会えるかな・・・

2009.03.08 01:57 URL | ふー #3cXgguLU [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://fumifumi.blog6.fc2.com/tb.php/957-91402351

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。